keyboard_arrow_right
高価なイメージの圧着ハガキを格安印刷

高価なイメージの圧着ハガキを格安印刷

請求書や通知書等に利用される「圧着ハガキ」。現在は需要がかなり増えていることもあり、通信販売等のネットで簡単に見積もりが取れるようになってきました。圧着ハガキというと通常のハガキよりも高価なイメージがありますが、内容や圧着のタイプによって価格帯も様々に用意されています。通信費が通常のハガキと同じでありながら、情報量は2~3倍にもなる圧着ハガキ。そのメリットにいち早く気付いた業者が多くあり、WEBには専門のショップがあふれています。納期やデザイン性によっては、驚くほどの格安で提供されています。見積もり等は無料で行っているところが多いので、ニーズのある方は一度無料の見積もりを依頼されてはいかがでしょうか?一括で請求できるサイトもあるため、比較検討のしやすさもあります。

圧着ハガキの種類と相場はどのくらい?

圧着ハガキにはいくつかの種類があります。まずは糊が塗布されたと用紙を加工する「先糊型圧着ハガキ」。普通紙に印刷したものを特殊なフィルムで加工した「フィルム型圧着ハガキ」。普通紙に印刷されたものに特殊なニスを塗布して圧着する「後糊型圧着ハガキ」等があります。個人情報等の問題や使用用途によって各特長を理解した上で、発注を行う必要性があります。値段が比較的安価なのは後糊型です。ただし条件によっては中身が剥離してしまう事象もあるため、注意が必要です。請求書や明細書等に利用される先糊型は画像こそ若干劣ると言われていますが、通知用の本人向けDMとしては需要が多く、導入している企業も多々あります。フィルム型は品質としては一番安定はしていますが、他の2つの手法に比べると、若干安価であると言われています。

圧着ハガキを作成する際の留意点とは?

お手軽な価格ながら費用対効果が抜群の圧着ハガキ。作成を検討するときにはいくつかの留意点があります。まず1つ目は圧着ハガキは非常にデリケートな商品であるという事です。湿気や天気に左右されやすく、水濡れを起こすと破けてしまったり圧着部分が開かないといったトラブルの原因になります。送付のデザインを検討する際に「濡れている場合は十分に乾かしてから開封して下さい」という案内の文章を添えることが必要になります。2つ目は郵便規定についてです。郵便では詳細な取り決めがあり、それを確認せずに郵送を行ってしまうと、料金の基準が異なったり、デザインの変更を余儀なくされてしまうケースもあります。この規定は地域によって異なるため、作成前にしっかり確認することをおススメします。窓口で重量超過とならないよう、細心の注意が必要です。