keyboard_arrow_right
格安で圧着ハガキを印刷する方法を紹介します

格安で圧着ハガキを印刷する方法を紹介します

圧着ハガキの印刷を考えているなら、圧着ハガキの印刷を請け負う業者を探してみましょう。インターネットで検索すると、複数の業者が出て来ます。圧着ハガキと一言で言っても、形状は色々なものがあり、V型、Z型、R・L型などです。値段は、圧着ハガキのタイプと印刷部数により異なります。業者によって、値段や注文の最低枚数、納期までにかかる日数、支払い方法やタイミング、送料の有無などが異なるので、自分のニーズに合う業者を探しましょう。なるべく格安の業者を探したいのであれば、複数業者から見積もりを取って比較することもおすすめです。厚着ハガキの印刷の注文の流れもチェックしておきましょう。まず見積もりを取り、指定されたデータを用意します。データを圧縮して入稿します。業者側でデータチェックをした上で、印刷、加工、発送が行われます。

圧着ハガキにはこんなメリットがある

圧着ハガキは、用紙を数回折って、中面をニスで貼り付けたダイレクトメールハガキです。簡単に剥がして見ることが出来ますが、いったん剥がすと二度と貼りつきません。その為、受取人以外には見られにくく、受取人だけに知らせたい情報を印刷することが出来ます。用紙が折られているので、載せられる情報は通常のハガキに比べると、V型ハガキで2倍、Z型ハガキで3倍になります。それでいて、郵便料金は、通常ハガキと同額なので、リーズナブルです。封書で送るダイレクトメールに比べて、開封率が高いのも特徴です。つい開封したくなる圧着ハガキは、少数を送付した場合でも効率が良く、費用対効果の高いダイレクトメールと言えます。様々なバリエーションがあるので、情報量や予算に応じてぴったりのものを選ぶことが出来ます。

圧着ハガキの印刷サービスの色々

圧着ハガキを印刷する業者は沢山ありますが、様々なサービスを展開していますので、色々と比較をしてみるのがおすすめです。100部などの少数から印刷を請け負ってくれる業者があります。最低印刷部数は業者によって異なる部分ですので、よくチェックをしましょう。16時までに受付をすれば、当日発送してくれるサービスもあります。急いでダイレクトメールを発送したい時に便利です。支払い方法は、クレジットカード、銀行振り込み、後払い、代引きなど、どの方法に対応しているかもチェックしましょう。業者によっては、印刷を依頼するとポイントを支給してくれるところもあります。次回からの印刷の時に、そのポイントを代金の代わりに充当できます。印刷から発送まですべて行ってくれる業者や、印刷のみを行ってくれる業者などがあります。送料も業者によって、無料のところ有料のところがあります。