keyboard_arrow_right
圧着ハガキを依頼するおすすめのショップ紹介

圧着ハガキを依頼するおすすめのショップ紹介

圧着ハガキは、確度の高い宣伝効果が得られるダイレクトメールの形式として、人気が.あります。圧着ハガキを開けるときのワクワク感は、オープニングイベントやキャンペーン、特に注目されたいセールなどにその効果を発揮します。圧着ハガキを作りたいと思ったら、街の印刷屋さんに聞いてみたり、出力サービスショップに問い合わせてみるのも手ですが、インターネット通販で手軽かつお得に作るのもおすすめです。インターネットなら、わざわざ打ち合わせの時間を決めたり足を運んだりする手間がいらないため効率的に製作作業や校正作業を行えるうえ、データでやり取りするので原稿管理もパソコン上で一元化できサンプルチェックも郵送対応も出来るので便利です。また、ショップ側においても店舗を持たなく接客スタッフも最小限に抑えられ、効率よく製作作業できるためリーズナブルな価格でクオリティの高い製品を提供できるのです。

圧着ハガキには、どんな内容を載せるとよいの?

では、インターネットを介して圧着ハガキを製作するショップでの一般的な工程を見てみましょう。まず、発注する前に圧着ハガキに記載する内容を検討します。前面に打ち出したいキャッチコピーや、どんなことを伝えたいかをよく考えて吟味します。せっかくですから、ハガキをキャンペーンチケットや割引券に利用できるよう、このはがき読むと良いことが起こるなと思わせる内容を盛り込むのも良いですね。紙面はショップに依頼する事も出来ますし、ショップの原稿規定に従って自分で、あるいはプロのデザイナーに別途依頼して用意することも可能です。イラストレーターデータ形式での入稿を指定しているショップもありますが、場合によってはオフィスソフトを使った原稿を受け付けるところもあります。コストを削減したい場合は、自作のデータを利用するのも良い方法です。

圧着ハガキが送られるまでの工程は?

内容が決まったら、必要枚数や配布先名簿を吟味して製作枚数を決め、予算に見合ったショップを探しましょう。複数のショップに納期と予算を伝え、相見積もりを取るのも良い方法です。依頼先が決まったら、印刷したい内容を入稿し製作依頼を進めます。印刷には1週間ほどの時間を見ておきましょう。あて名書きについては、自分たちで行う事も出来ますが、なかなか時間がかかるものです。予算があれば、一緒にショップに依頼するとスムーズに対応してもらえますよ。宛先名簿を渡してショップから圧着ハガキをそのまま各発送先へと発送する事も出来ますし、宛名を印字したシールラベルを完成した圧着ハガキに添付してもらい、ラベル貼り作業と運送業者などへの発送依頼は自分たちで行うことも可能です。予算や枚数に合わせて選びたいですね。

圧着2ツ折はがきやふちのり圧着、通常はがきDMや小ロットオンデマンド印刷等が、当社のオススメ商品です! 見開きA3以上の大判ふちのり圧着DMも印刷OK。 見開きA3サイズのふちのり圧着(A4-4P)DMが1万部で印刷、印字、郵便料金込で1通88.9円! DMでお困りのご担当者様に朗報!DMパックなら印刷、印字、郵便料金までまるごとおまかせいただけます。 圧着ハガキDMは発送代行まで全てご対応